エアーサスペンション

猫05

 

一般的な車のサスペンションの構造は、スプリングとショックアブソーバー、そしてサスペンションアームの3つの部品から構成されています。また、サスペンションは車の性格ごとに、様々な種類があり、乗り心地やハンドリング性能なども大きく違ってきます。乗用車で採用されているサスペンションには、主にストラット、マルチリンク、ダブルウィッシュボーンと呼ばれる形式があり、最も多くの乗用車に採用されているのはストラット式サスペンションで、高級車やスポーツカーにはダブルウィッシュボーン式サスペンションが採用されることが多いです。また、トラックやバスなどの大型車にはスプリングではなく、板状の鋼を複数も重ねて、この板がたわむませて衝撃を吸収するリーフスプリングが採用されています。

 

 

さらに最近は、乗り心地が極めて高いエアーサスペンションも人気です。これはショックアブソーバーの部分に、一般に使われるオイルではなく空気を利用したもので、車が上下に沈むことなく一定の高さにキープしながら、滑らかに走ることができるので、乗り心地が非常に良くなるというメリットがあるのです。そのために高級車に多く採用されたり、強い衝撃を受けやすいトラックなどに採用されることが多いです。ただ、価格が高価で耐久性にも若干問題があるために多くの車に普及するには至っていません。

コメントは受け付けていません。