コイルスプリング

サスペンションというのは車のボディとタイヤの間につけられていて路面からの衝撃を緩和するための装置で、ユーザーの乗り心地や走行性能、車高などを決定付ける重要な部分です。

 

一般的な自動車のサスペンションはサスペンションアームやスプリング、ショックアブソーバーで構成されていて、サスペンションの種類としてはストラットとマルチリンク、ダブルウィッシュボーンの3種類とトラックなどに使用されるリーフスプリングなどがあり、車の性能などを考慮して最適なものが装備されます。

コイルスプリングはサスペンションを構成する部品のことで、渦巻状のバネのことを言います。

 

猫03このスプリングが伸縮することによって走行中の路面からの衝撃を吸収します。

 

またこのスプリングの長さが短くなることによって車高が下がります。

スプリングの固さに関しては車の種類や使用法によって変わりますが、ある程度スプリングを固くすることによってコーナーリングなどが安定するようになりますが、乗り心地が悪くなるというデメリットがあります。

 

なおコイル状のバネにも種類があり、直巻は単価が安く内径などが同じ場合には使い回しができるので利便性が良いというメリットがあります。荒巻の場合は車種によって形状が変わりコストが高くなる傾向があります。

コメントは受け付けていません。