ショックアブソーバー

ショックアブソーバーは自動車の乗り心地に大きな影響を与える非常に重要な装置です。通常、自動車の乗り心地を快適なものに保つためにはスプリングが非常に重要な役割を果たしますが、それだけでは路面から受ける衝撃の全てを吸収することができず、ゆっくりとした振動が長時間続いてしまいます。この振動を限りなく抑える機能を有するのがこのパーツなのです。

 
振動を抑える力のことを減衰力といいますが、一般的にこの減衰力の強さは堅いとか柔らかいといった言葉で表現します。堅いとされるものは減衰力が大きく、柔らかいとされるものは減衰力が小さいものです。堅さや柔らかさというものは乗り心地からくる表現でして、堅いと呼ばれる減衰力の大きいものはゴツゴツとした乗り心地になり、柔らかいと呼ばれるものは乗り心地が良くスムーズな運転が可能になります。

 
またこのパーツは自動車を運転するうえで重要な操縦安定性についても大切な役割を果たしています。コーナリングや急ブレーキなど過渡変化と呼ばれる状態における自動車の姿勢の制御に大きな影響を与えているのです。基本的に減衰力の大きな堅い種類のものは姿勢の変化が少なく、減衰力の小さな柔らかい者は姿勢の変化が大きくなります。

猫04

コメントは受け付けていません。