サスペンションの種類

自動車のサスペンションは、乗り心地や安定性などに大きく影響する重要な役割を持っています。車のボディとタイヤの間に取り付けられ、道路からの衝撃を緩和する装置です。

 
これには、大きく分けて2つの種類があります。

 
リジットアクスルといわれる車軸固定方式と、独立懸架方式です。

 
車軸固定方式は、左右のタイヤの車軸をショックアブソーバーとスプリングで車体に取り付けます。構造が単純であり耐久性もあり、整備もしやすく低コストであるというメリットがあります。トラックやFF車に採用されることが多いです。

 
一方、独立懸架方式は、現在のさまざまな車種に採用され主流になっている方式です。左右の車輪が独立して別々に動くもので、車種に合った細かい調整が可能です。また路面のうねりやギャップなどにも的確に反応するため、乗り心地がよいのがメリットです。この方式には、ダブルウィッシュボーン式、スイングアーム式、スラット式やマルチリンク式などの種類があります。特にスラット式は、自動車用の方式としてはもっとも多く利用されています。

 
それぞれの方式には特徴があり、車の性能やキャラクター、使い方によって最も適したものが装備されています。また、車の駆動方式によっても適したものは異なります。

猫01

コメントは受け付けていません。