全長調整式

自動車のサスペンションは、路面からの衝撃を吸収し、乗り心地を快適なものとするために欠かせない機構です。

 
ダンパーの減衰力や、ストロークの幅を充分に確保することで、衝撃の吸収能力は大きくなり、より快適な乗り心地となります。しかし、こういった能力を確保すると、車高も高くなり、車体の安定性も低くなります。

 
スポーツ車など、走行性を重視する車両では、車高調が可能なサスペンションを取り入れることが多くなっています。
車高を自由に調整することで、空気抵抗を減らし、また、路面へのグリップ力を高めたりといったメリットを得ることができます。

 

しかし、車高を下げると、ダンパーのストロークが犠牲になることが多く、結果乗り心地は悪いものとなってしまいます。
こういった車高調が可能なサスペンションの中で、全長調整式のものを使用すると、そういった問題を解決することが出来ます。

 

これは、全長を調整して車高を決定するため、衝撃吸収のためのダンパーの長さを変化させることなく車高を下げることが可能となっており、ストローク量が確保できるのが特徴となっています。
車高調のサスペンションの中でも高機能なものとなっており、その価格も高額なものとなります。

コメントは受け付けていません。